東京都西東京市 アップルデンタルセンター

医院紹介

アップルデンタルセンター

住所 〒202-0021
東京都西東京市東伏見3-4-1 東伏見STEP22
TEL 042-451-6226
URL http://www.apple-dental-center.com/
スタッフ人数 歯科医師:8(うち常勤3)名、歯科衛生士:5名、歯科助手・受付:4名、歯科技工士:0名、
設備

診療室8部屋(治療室5部屋、メインテナンス室3部屋)、完全個室、滅菌器3種類計4台(クラスN・クラスB)

診療時間

月・火・水・金・土

9:00~12:00/14:00~18:00

医院の取り組み

福利厚生メインテナンスは自費でおこなっているか。
はい
クラウドを利用して電子媒体で診療情報を提供しているか。
はい

富士通株式会社運営の「あしたのコミュニティーラボ」にアップルデンタルセンターの記事が追加掲載されました。

院長紹介

畑 慎太郎 先生

診療室における説明と同意(インフォームドコンセント)と言われて久しいですが、医師から説明をされたことがあっても、「よくわからないのでお任せで」と言って漫然と治療を受けて、あるいは後から思い返してもいつどんな治療を受けたか記憶が曖昧なことが多いのではないでしょうか?
信頼できる歯科医師と出会えれば、治療の方法についてあれやこれや聞くのはあまり意味がありません。結局削って詰めたり、歯を抜いて代わりの歯を入れたりするだけですから。一方で、なぜこうなったのか?どうすれば再発を防げるか?悪くなった原因については歯科医師や歯科衛生士にじっくり説明を受けて、しっかり医療者と患者側で役割を決めるのはとても重要です。(歯科の病気というものはむし歯・歯周病といった慢性疾患との戦いで、急に虫に食われるわけではない)。
急性期の治療(痛くなってから歯医者に行く習慣)と決別するためには予防管理が必要となるわけですが、誰しも一方的に管理されるというのは嫌なものです。そこで大事になってくるのが医療者側からのアドバイスを覚えておき自分なりに理解することです。その記憶の保管場所として紙やメモでもよいですがファイルにまとめて保管されることを強く推奨します。それが面倒な場合は架空の保管庫であるクラウドサービス(ただし安全なもの)でもよいと思います。
アップルデンタルセンターでは単なる説明だけではなく、いつでも記憶を手繰り寄せることができる情報提供の方法を心掛けています。皆さんが利用しやすいものを選んでもらえれば良いのです。医療者のアドバイスを思い出し、自分のことをよく知ることが口腔の健康の維持に繋がるわけです。

設備紹介

受付・待合室

通路の中央に受付がありどの位置でも患者さんが見渡せるオープンなスペースとなっています。受付の横にはカウンセリングルームを設置し、スライド等を用いながら初診説明や治療計画などのお話を行っています。

治療室・メインテナンス室

現在治療室が5部屋、メインテナンス室が3部屋あります。
全ての部屋を完全個室としプライバシーの保護と飛沫感染の防止に努めています。

滅菌スペース

消毒にはミーレのジェットウォッシャーを採用しています。
使い終わった器具はその都度滅菌をしています。
滅菌器は全部で3種類計4台あり、クラスNからクラスBまで用途に合わせて滅菌を行っています。