歯科衛生士として成長したと思うとき

歯科衛生士として働いて1年が経とうとしていますが、成長したという実感はありません。歯科衛生士としての舞台に立つ前段階なので、これからステップアップしていけるよう取り組んでいきたいです。成長を感じるとしたら、自分の指導をきっかけに患者さんが行動変容を起こしたときではないでしょうか。

歯科衛生士を目指したきっかけ

実際のところ、歯科衛生士という職業に魅力を感じるようになったのは、進路を決めたずっとずっと後でした。そのため、恥ずかしながら志すきっかけとなった立派な理由はありません。職業を決める上で、「人と接する職業であること」が私にとって外せない条件だったので、歯科衛生士がそれに当てはまることや資格職で安定していること、需要があり働き口に困らないことなどを踏まえて、進路を決めました。大学進学を目指す中で、いろいろな学部を考えましたが、学力や学費の問題など多数の制約がありました。もし何の制約もなかったとしたら、今の進路を選んでいなかったかもしれません。そんな曖昧な心持ちだった自分が今、歯科衛生士に魅力を感じ、歯科衛生士として働いていることを当時の自分に教えてあげたいです。

歯科衛生士の魅力

「1人の患者さんと生涯を通して関わることができる」
基本的に医療機関とは、病気があるとき、またはその疑いがあるときに利用するものだと思います。しかし歯科医院はそうではなくて、口腔の健康を守るための場所です。口腔の健康を管理するのが歯科衛生士であり、問題の有無に関わらず通院する価値があります。様々な医療職がある中で、問題を抱えてるときだけではなく、患者さんと生涯を通して関わることができる歯科衛生士はとても魅力的な職業だと感じています。

出身校での学び

東京医科歯科大学付属大学病院での実習が充実しており、機材管理の部署から口腔外科外来まで、非常に幅広い分野に触れることができました。その中でも自分たちで診療室の運営を行う実習はとても貴重な経験になりました。受付や機材管理から診療まで、学生主体で行います。指導医の指示のもと、問診、歯周組織検査、ホームケアの仕方、歯石除去など歯科衛生業務を学生が行うことができます。このような実習を実施できるのは母校しかないと聞いています。モデルの患者さんではなく、実際の患者さんと接するのはより緊張感があり、一筋縄ではいかない臨床の難しさを学びました。業務記録を書く上で、当時はどうしてこんなに細かく書かなければいけないんだろうと苦に思っていましたが、今思うと1人1人の性格や職業などきちんと背景を知った上で問題点や目標を考えるトレーニングになっていたんだと気付きます。教科書から学ぶことと、実際の臨床での学びは少なからずギャップはありますが、在学中学んだ基本は忘れずに取り組んでいきたいです。

歯科衛生士になっていなかったら

もしもこの世に歯科衛生士という職業がなかったとしても、私は歯科衛生士のような「人と直接関わる仕事」がしたいです。今日食べた野菜を作った農家の方、いつも通り動いてた電車の運転手、私達の生活は様々な職業の方に支えられているのに、それに気付かず過ごしてしまいます。仕事をする上で、相手の顔が見れて、声が聞けて、気持ちが通じることは、とても貴重なことだと思います。歯科衛生士はそれが可能な職業であり、魅力の1つだと思います。その魅力を知ってしまった今、やはり私はダイレクトに相手の反応を見ることのできる職業を選びたいです。

所属医院を選んだ理由

まず、その場限りの対応ではなく患者さん一人ひとりとじっくり関わっていきたいという思いがあり担当制の歯科医院を希望していました。
また、ただ口腔内の清掃を行うだけの業務はしたくないという気持ちが強く、歯科衛生士の価値を発揮できる環境で働きたいと考えていました。
実際に所属医院で働く歯科衛生士の姿をみて、歯科衛生士の本来あるべき姿だと感銘を受けました。それまで見てきた歯科医師のサポート役の歯科衛生士ではなく、一人ひとりが自立していて、立派な教育者だと感じ、自分もそのようになりたいと思い、志願しました。

5年後の自分

歯科衛生士3年目の今、私は担当患者さんを持たず、院長のアシスタントとして勤務しています。一人前の歯科衛生士になるための修行をさせてもらっています。
5年後の自分がどうなっているかは分かりません。ただ、何年目になっても課題は尽きないことと思います。いつも院長は、仕事に慣れてしまうと、思考が停まってしまうと言います。常に初心を忘れずに、今自分にとっての課題は何なのかを考えていきたいです。歯科衛生士のゴールはないのかもしれません。常に成長できるよう心掛けていきたいです。

今後の課題

正直なところ、課題しかありません。階段でいうと、これから登ろうとしている0段目です。例を挙げるとキリがないのですが、敢えて1つ挙げるとしたら、「考える癖をつける」です。
なぜかというと、患者さんは、その場限りの薄っぺらい人間ではなく、厚みのある人に信頼を寄せるのではないかと思います。日々業務をする中でも考える癖をつける必要があるとこの1年を通して感じました。ただ業務をこなすのではなく、常に疑問をもっていくことが大切だと思います。また様々な情報に対してアンテナを張って、常にアップデートしていけるよう取り組んでいきたいです。

心掛けていること

私は自分の記憶力を過信する癖があり、言われたことは覚えているものだと勘違いしてしまいます。人一倍忘れっぽいということを常に念頭に置いて、覚えていられそうなこともすぐメモするように心掛けています。また、患者さんとのやりとりの中で大事なポイントを見逃さないために、患者さんが言った言葉に特に注意をして、ニュアンスを間違わずに記録できるように気をつけています。

チームで働く上で大切だと思うこと

私の勤務する歯科医院には歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付、滅菌専属スタッフが所属しています。比較的それぞれの役割が区別されていて、分業制といっても過言ではありません。
そのため、自分の担当の業務を全うすることが第一優先だと思います。他の誰でもない自分に与えられた仕事は責任を持って果たさねばなりません。しかし、それぞれの役割が区別されているからこそ、周りをよくみて連携を取ることが大切だと感じています。個人競技ではなく、リレーのような団体競技だと思います。バトンを繋ぐために、自分の役割を果たすこと、コミュニティーをとって連携を取ることがチームで働く上でとても重要だと考えます。