子供の頃の歯科体験

現在までむし歯になったことがなく、小学校5,6年生の時に市で表彰して頂いた記憶があります。その出来事がきっかけで歯を大切にしようという気持ちが強くなりました。

歯科衛生士になった理由

高校時代に歯科医院でアルバイトをしており、歯科衛生士さんへの憧れと院長からやりがいのある素晴らしい職業だよと勧めて頂き専門学校に入りました。

出身校での学び

歯科衛生士として基本的な知識や技術を学び、なかでも臨床実習先で今の医院に巡り合う事ができました。

現在所属の医院を選んだ理由

専門学校時の実習でお世話になり院長のアシスタントではなく個室をもち、担当制でメインテナンスをされている歯科衛生士さんのキラキラ輝いた姿を見て将来こんな素敵な歯科衛生士さんになりたいと思い選びました。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

患者さん自身の健康状態や精神状態、環境、家庭での出来事はもちろん、患者さんの家族の情報をメインテナンスの中で聞き、メモを取り常に変化がないかどうかを細かくチェックする事を心がけています。そうする事でより患者さんとの信頼関係も構築し、口腔内だけでなく患者さん自身を知ることができます。

患者プレゼンテーションの実践方法と使用ソフト

OverView、デンタルフラッシュ、PowerPointなどのソフトを使い、今までの歯科医療のあり方とこれからのかかり方、バックグラウンド、ご自身の口腔内の現状と共に照らし合わせてわかりやすく解説していきます。

スキルアップのために心がけていること

定期的にセミナーに参加し、休憩時にマネキンや相互でSRPの練習を行っています。

道具の手入れ方法

基本的に患者さん毎に器具は替えてスケーラーは研磨しいつでも使えるように揃えています。

3年後の自分は

常にスキルアップを怠らず患者さんに最新の情報を発信し、質の高い歯科医療を提供できるよう成長していたいです。

歯科衛生士を生涯続けますか

国からライセンスを頂いた以上学び続け、臨床し続けていきたいです。

歯科医院に望むこと

患者さんが生涯自分の歯で健康な状態を健康なまま過ごせますように日々努力し、安心安全な医院作りを怠らないようスタッフ全員が常に考えて行動できるようにしていきたいです。

職場選びのポイント

医院の理念とその理念に対しての院長とスタッフの方向性と雰囲気です。

推薦セミナー

  • PHIJ
  • ブリギッタのPMTCセミナー

終了セミナー

  • PHIJ
  • ISG

オススメの歯ブラシ

  • GUM 3C
  • プラウト

愛読書、雑誌

竹田晋也著
『歯を守れ!予防歯科に命を懸けた男』

これからの歯科衛生士の働き方

まだまだ日本の歯科医療は保険制度に固く縛られ、本来やらなければいけない医療ができていませんが、歯科衛生士がしっかりと患者教育をし、健康観を高めていき、より良い歯科医療を提供できるように、地域からコツコツと啓蒙活動をしていかなくてはいけないと思いました。そういった意味でも歯科衛生士は最も重要な存在であり、一人ひとりの患者さんの口腔の健康だけでなく全身の健康も考えられるような歯科医療を越えた働き方が求められていくのではないかと思います。

歯科衛生士の村上さん(左)と網代さん(右)