子どもの頃の歯科体験

現在までカリエスフリーで過ごしており子どもの頃は歯科とは全く関わりがありませんでした。
しかし両親や祖母がカリエスで悩まされた経験を生かし歯磨きの習慣は大切にするようにと育てられました。

歯科衛生士になった理由

高校生3年生の時に進路を決める際担任の先生が歯科衛生士の業務について教えてくださったのがきっかけでした。
また回りの友人のほとんどが看護師を希望しており自分は歯科という分野で頑張ろうと思ったからです。

出身校での学び

臨床実習を通じ患者さんとの関わり方、あいさつなどの社会人としての常識を学びました。

現在所属の医院を選んだ理由

患者さんの個々のリスクを調べるための設備が整っていることと、セミナーなどの勉強会に参加する際に交通の利便性が良かったことです。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

患者さんの話をよく聞くように心がけています。

患者さんプレゼンテーションの実践方法とそのソフト

患者さんの検査結果や写真、レントゲンを見せながら客観的にご自身の口腔内を見ていただいています。
使用ソフトはOverView、デンタルフラッシュ、PowerPointです。

スキルアップのために心がけていること

マネキンやスタッフの口腔内を借りて練習しています。
また外部から講師の先生に直接指導していただいています。

道具の手入れ方法

患者さんごとに器具や道具を変え滅菌を必ず行います。

3年後の自分は?

今よりもSRPなどの技術面の向上やリスクを見る目を養えるようになっていたいです。

歯科衛生士を生涯続けますか?

可能な限り、続けていきたいと思っております。

歯科医院に望む事

この先の患者さんの利益を優先とした歯科医療を提供できるようスタッフ一同心がけて参ります。

職場選びのポイント

働く際には人間関係も重要なのでスタッフの雰囲気などもポイントだと思っています。

推薦セミナー

オーラルケアが提供しているセミナー

お勧めの歯ブラシ

  • タフト24(M・S)

愛読書、雑誌

院長から推薦された課題図書を読んでいます。

修了セミナー

  • ブリギッタのPMTC
  • ジンジバルプラークコントロール
  • OHIS
  • CAMBRA

これからの歯科衛生士の働き方

リスクを見るとともに患者さんの環境背景をも見られるようにしSRPなどの技術面でも正確かつ確実に行えるようにしたいです。

あすなろ・デンタルケア スタッフのみなさん