患者さんへの「診療情報」の媒体や説明とその患者理解

当院では、初診時に患者さん自身の現在の状態を確認する情報提供を行います。口腔内写真とレントゲン、位相差顕微鏡で自身の細菌を見てもらいます。患者さんの感じ方はさまざまなので、その患者さんが理解できるように情報を提供しています。イラストがあった方がわかりやすいと感じた時は、デンタルフラッシュを使って説明します。

歯科衛生士として成長したと思う時

基礎を身につけたことで、自然と患者さんに説明をしている時です。臨床を始めて基礎知識を曖昧にしていることが多いことに気づき、基礎を見直しました。1つ1つの単語の意味を知ることでわかりやすく説明をし、患者さんが理解した時に自分が成長できたと感じました。

子供の頃の歯科体験

私は幼稚園のとき、よく歯科に通院していました。母が自分の歯が悪かったため、子供たちには同じ思いをして欲しくないと思って通わせていたとのことでした。その頃私は、隠れてあめ玉を舐めながら寝ていた時期でむし歯だらけの口腔内でした。歯科に行けば口をあけず寝てしまう非協力的な子供で治療が大変だったと聞いています。全額的にサホライドで処置していたため、幼稚園の写真はお歯黒で写っている状態でした。

歯科衛生士になった理由

私は、歯科衛生士に自分でなりたいと思って進学したタイプではないです。進路がなかなか決まらず、姉が歯科衛生士だったことで母から勧められて進学しました。体のことに興味はあったので、歯科の分野は意外と面白いと知って歯科衛生士になりました。

出身校での学び

専門学校では、基礎学習、臨床学習、総合学習、臨床実習など沢山の学びがありました。その中で私は口腔衛生学が面白い分野だと思っていました。母校は、市内の保育園、幼稚園、小学校に歯磨き指導に行く保健指導や、2年時の後期から1年間、歯科大学と開業医の臨床実習がありました。臨床実習は歯科医師のアシスタントがほとんどで、削って詰める治療をいかにスムーズにしてアシスタントができるか、とばかり考えていました。そのような実習の経験から、将来就職しても歯科医師のアシスタントをして働くと思っていました。

医院を選んだ理由

就職に悩んでいた時に、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』で山形県にある日吉歯科の熊谷崇先生を見て、歯を守る歯科医療について興味を持ちました。削って詰める治療だけに重きを置いていない医院が他にもないかと調べて、今の医院にたどり着きました。地元を離れることに抵抗がありましたが、院長の考え方に共感し私も歯を守る歯科医療に携わりたくて入局しました。

患者さんとコミュニケーションで心がけていること

患者さんの話をよく聴くことです。どのステップでも問診が欠かせません。患者さんの話を聴いて理解度を確認しながら、患者さん自身が口腔内の健康とは?を考えられるように情報提供をし患者さんと対等な立場で話すことを心がけています。

患者プレゼンテーションの実践とそのソフト

患者さんが自分の口腔内がわかる写真14枚とレントゲン12枚をパソコンで見ながら、デンタルフラッシュを使い説明します。

スキルアップのために心がけていること

年齢性別を問わずたくさんの人と会って、話を聞くことです。他職の方の話を聞いて、どのような生活習慣なのか聞き健康に関することをリサーチするように心がけています。

3年後の自分は

担当の患者さんが定期的にメインテナンスに通っているようになっていたいです。毎日のホームケアと歯科医院でのメインテナンスで歯を守ることができるので、私自身も今と変わらず健康で元気に働いていると思います。

歯科衛生士を生涯続けますか

歯科衛生士を生涯続けたいと思います。私が生きている間に日本人の歯科へのかかり方が治療主体ではなく、予防主体に変わっていければいいなと思っています。むし歯と歯周病が稀な病気になり、日本人の口腔内が健康になっている文化をつくりたいと思います。

職場選びのポイント

医院の理念が共有できることだと思います。生涯に渡り歯を守るが当院の理念です。歯科医師、歯科技工士、受付、歯科衛生士、全スタッフが理念の共有をし、どのポジションでも患者さんに情報提供や患者教育をする役割があります。私は、今の職場に入局して歯科衛生士のライセンスを取って良かったなと思えるようになりました。歯科衛生士という役割に集中できる環境であること、支えてくれるスタッフがいることです。

推薦セミナー

  • ベッキー先生 SRPセミナー
  • 福井秀和先生 ペリオセミナー全6回

愛読書

  • 『では、予防歯科の話をしようか マーロウ先生の北欧流レッスン』

これからの歯科衛生士の働き方

私は、歯科衛生士はスケーリングを行う技術者だと学生時代思っていました。なので、スケーラーを使って上手に歯石を取ることが歯科衛生士の役割だと思っていました。その役割は私の中で違和感があり、歯科衛生士ってなんだろうと考えている時に今の職場に出会いました。今の職場に出会って歯科衛生士は、医療者・科学者・教育者であることを知りました。患者教育を行うことで、まず患者さん自身で口腔内の環境を改善できること、その改善をまず行うことが大切で、歯を守る分岐点であることを知ったことで、私は歯科衛生士の働き方を見つけました。情報提供をするだけで患者さんの意識が変わること、患者教育の重要性を日々実感しています。生涯に渡って歯を守ることは、全身の健康に繋がります。健康な口腔内を健康のまま維持できるようサポートすることが歯科衛生士の役割であり、歯科衛生士の働き方ではないかと思います。