子どものころの歯科体験

子どもの頃はむし歯が多くて毎年のように治療で歯医者に通っていました。
その頃はむし歯ができたら削って詰めるというのが普通でした。
予防方法を教えてもらうこともなく、また、歯磨きもろくにできていなかったため治療を繰り返していたように思います。

歯科衛生士になった理由

受験した大学にすべて落ちて途方にくれていたときに母から勧められたため。

現在の医院を選んだ理由

10年程前、治療を繰り返して1本の歯を失うことになりました。
失ってからはじめて自分の歯は自分で守っていかないといけないのだと強く感じ、そのことを伝えていきたいと思い予防歯科をやっている現在の医院を志願しました。

スキルアップのために心がけていること

わからないことはそのままにせずにすぐ調べるようにしています。
また、新しい知識を増やすために歯科衛生士専門情報誌の「歯科衛生士」や「デンタルハイジーン」に目を通すようにしています。

歯科衛生士として成長したと思う時

まだまだ成長しなければと日々思っています。
診断とその処置がうまく行えたときや初期治療によって歯周組織の状態がよくなったときには少しは成長できているかなと思います。

患者さんへの「診療情報」の媒体や説明とその患者理解

まず初診時の資料(口腔内写真、X線レントゲン写真、カリオグラム、レーダーチャート、OHIS、歯周組織検査結果)などを用いて現状を知ってもらいます。
当院では説明用ソフトとしてデンタルフラッシュを取り入れているため説明の際にこちらを使用しています。
待ち時間があるときにも連続再生して見てもらったりしていますがとてもわかりやすいと患者さんの反応はいいです。
位相差顕微鏡を用いて実際に患者さんの口の中の細菌も見てもらいます。この時にバイオフィルムの説明を一緒にすると理解しやすいようです。

お勧めの本

スウェーデンのすべての歯科医師・歯科衛生士が学ぶ トータルカリオロジー
ベンクト・オロフ・ハンソン 、ダン・エリクソン(著) 西 真紀子(翻訳)
ペリオバカ養成講座
山本浩正 著
歯科衛生士のための21世紀のペリオドントロジーダイジェスト
天野敦雄 著

これからの歯科衛生士の働き方

歯科衛生士という仕事はつくづくいい仕事だなと思います。
年齢の幅広いいろんな方に出会いお話しできること、患者さんがより健康的になるお手伝いができること、長期にわたって患者さんの人生を見ることができること、勉強すればするほど臨床に活かせること、患者さんに喜んでもらえること…これらは今個室をもらって真剣に患者さんに向き合える環境を作ってもらえているからこそ感じることでもあるかもしれません。
口腔内と全身疾患との関係も広まってきている今、歯科衛生士の活躍の場はどんどん増えていくように感じます。
国民の意識がもっと上がりメインテナンスに皆が通うようになると今以上に歯科衛生士は求められ、より専門性を活かせるやりがいのある働き方ができると思います。