患者さんへの「診療情報」の媒体や説明とその患者理解

患者さん自身が自分の口腔内の情報を得る事ができるように、口腔内規格写真、X線規格写真、サリバテスト、歯周精密検査などを行い今の口腔内の現状、う蝕の成因論、歯周病の病因論の説明を行っています。
説明には患者さん説明ソフトであるデンタルフラッシュを用いることが多いです。
患者さんの理解度など患者さん一人ひとりに合わせた説明を行えるように心がけています。

歯科衛生士になったきっかけ

進路に悩んでいた時に、歯科医院で受付をしていた叔母のすすめで歯科衛生士の専門学校に入学し、歯科衛生士になりました。

子どものころの歯科体験

定期的には通院できていなかったのですが、検診に通っていました。
歯科衛生士さんがとても熱心にブラッシング指導をしてくださった事を覚えています。

出身校での学び

様々な知識や技術を学びましたが、今思うと学生時代私は歯科衛生士の本当の魅力に気づく事が出来ていなかったと思います。
知識や技術を習得することもとても大切なことですが、生涯にわたって患者さんに関わっていくことができる数少ない魅力的な仕事であるといったことなど、歯科衛生士がどんな仕事なのか歯科衛生士という仕事に誇りをもてるよう学ぶことができる機会がもっと増えるといいなと思っています。

歯科衛生士として成長したと思う時

患者さん一人ひとりのリスクを考えることが出来るようになった事、また口腔内の状態を通して患者さんの普段の生活を考えることができるようになった事は成長したといってもいいのではないかと思います。今よりさらに口腔の健康から患者さんの全身の健康状態を診ることのできる歯科衛生士に成長していきたいです。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

患者さんに寄り添いながらも歯科衛生士として専門家の意見を言う事ができる患者さんとの距離感を心がけています。

スキルアップのために心がけていること

当院、他院に限らず他の歯科衛生士さんをしっかり観察すること、疑問に思ったことを疑問のままにしないようにするということを心がけています。

お勧めの歯ブラシ

患者さんの口腔内の状態などもそれぞれ違うため、この歯ブラシがお勧めですと言い切ってしまうのは難しいように感じます。
歯科衛生士としてその時の患者さんに合わせたセルフケアグッズを紹介できるよう自分の引き出しを増やしていきたいと思います。

3年後の自分

あまり想像できないですが、毎日少しでも成長し3年後につなげていきたいです。

これからの歯科衛生士

歯科衛生士という仕事はこれから今までよりもさらに求められる仕事の1つといえるのではないかと思っています。
大変な仕事ですが、責任のあるやりがいがある仕事です。
多くの方が長く続けることができる、尊敬されるような職業にしていくためには現在歯科衛生士として働いている私たちの頑張りも必要なのではないかと思います。