患者への「診療情報」の媒体(クラウドサービスなど)や説明その患者理解

ホワイト歯科では情報提供する時に紙媒体かクラウドサービスか選んでいただいています。クラウドサービスを利用している患者さんは意識が高い方が多いように感じます。クラウドのページをブックマークし、特に情報が更新されていなくてもメインテナンスの前にチェックしている方もいます。クラウドには口腔内写真・レントゲン写真・カリエス、ぺリオの検査結果などを主に載せています。

歯科衛生士として成長したと思う時

患者さんからの質問や疑問に答えれることが増えた時。

子どものころの歯科体験

治療でもフッ素塗布でもあまり歯科医院に受診した記憶がありません。あまり歯磨きしなくてもむし歯にならなかったです。

出身校での学び

臨床実習で多くの歯科衛生士さんを見学させていただけました。出会った歯科衛生士さんは皆さん意識が高く仕事に誇りを持っているように見え、早く私も臨床に出て働きたいと思っていました。

歯科衛生士になった理由

看護師になるために看護学校を受験したときに、同じ医療系国家資格だったので歯科衛生士学校も受験しました。この時は特に歯科衛生士業務については理解していませんでした。

現在所属の医院を選んだ理由

信念がぶれず、患者さんの真の利益にむかって診療しているからです。

メインテナンスで心がけていること

患者さんの話をよく聞くよう心がけています。本人が特に変わりないと言っていても磨き残しが増えていたり歯肉からの出血が増えていることがあります。よく話を聞いてみると歯ブラシを少し大きいものに買いかえていたり、仕事が忙しく疲れ気味だったりすることが原因だったことがあります。患者さんにとっては報告するまでも無いと思っていることでも私達が確認しておきたいことがあるので何でも話してもらえるように話すよう心がけています。

今後の目標

歯科に限らず医療や様々な知識を学び続け、ホワイト歯科に訪れる患者さんの真の利益に繋げていきたいと思います。

使用しているキュレット

ヒューフレディ

行ってよかったセミナー

  • オーラルフィジシャン チームミーティング
  • スウェーデンマルメ大学研修