患者への「診療情報」の媒体や説明その患者理解

院内で作成したパンフレットと毎回情報を追加していける初診パックの使用。口頭で伝えていた時より理解度は増している。

歯科衛生士として成長したと思う時

再評価1を終え、Drでの処置の時、Drと患者さんが初期治療はどうだったかディスカッションしている時に行動変容できている時。

子どものころの歯科体験

「痛いところ」でも頑張れば大好きなバッチが貰えるというイメージが強かったです。

出身校での学び

特に大きかったのは、校内での勉学よりも実習先でのリアルな学びが実践力になりました。

歯科衛生士になった理由

小さい頃に通院していた医院の歯科衛生士さんへの憧れと手に職をつけたかったからです。

現在所属の医院を選んだ理由

純粋な予防を行っていて、医院のしっかりとした理念があったからです。

メインテナンスで心がけていること

当たり前のことですが、時間通り、問診の質。(患者さんのモチベーションのチェックも含め生活の変化のキャッチ)

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

オープンクエスチョンを心がけています。

歯科衛生士の仕事をしていてよかったこと

患者さんが歯の価値を理解し健康になった時。そこに寄り添い寄与できていること。

歯科衛生士の魅力

患者さんの生涯に寄り添えること、学びに終わりがないので面白い。

当院の診療の特徴と私の役割

「歯の寿命と命の寿命を逆転させる」という理念のもと歯科衛生士として健康を提供する。

歯科衛生士を生涯続けますか

続けます。歯科衛生士という仕事の醍醐味を知ってから、天職となりました。

3年後の自分は

歯科衛生士として働いている。

スキルアップのために心がけていること

必須セミナーへの参加、推薦図書の購入。

今後の目標

自分自身のスキルアップはもちろんですが、初診セミナーを通じ、もっとこの医療の素晴らしさを伝えたい。

これからの歯科衛生士の働き方

歯科衛生士を同じくやっている仲間に決してアシスタント業務ではなく、やり甲斐のある素晴らしい職業だということを患者さん側だけではなく、医療従事者側にも伝えていきたい。

好きなケアグッズ

テぺシリーズ。特にテぺのセレクト歯ブラシがお気に入り。

使用しているキュレット

ヒューフレディー

道具の手入れ方法

滅菌、A2ケアの使用

行ってよかったセミナー

1dayセミナー

愛読書・雑誌(歯科関係)

  • デンタルカリエス
  • 唾液のチカラQ&A