診療哲学を貫き、本来あるべき歯科医療を提供する

金谷先生が大きな志を持つまでの道について

金谷先生が歯科医師を目指したきっかけや動機について教えてください。

お恥ずかしながら、私は何か大きな志があって歯科医師を目指した訳ではありません。
父親は美容師をしており、常に手に職をつけろとだけ言われ育ちました。そんな折、進学した中高一貫校に多くの医師、歯科医師の子弟が通っており、その影響を受けて歯科医師の道に進む事になりました。

勤務医だった金谷先生が神奈川歯科大学矯正科に入局された理由やそこでの学びについて教えてください。

歯科大を卒業後まず考えたのは、技術を身につけたいという事でした。知識よりまずは技術だと考えてしまった結果、県内で5本の指に入る大規模なクリニックに就職しました。そこで行われていた診療は悲惨なもので、患者のための医療というよりは、クリニックの経営のための破壊の繰り返しに幻滅し、自分なりに本来あるべき歯科医療を模索するため、矯正歯科を学ぶ目的で神奈川歯科大学矯正科の研修医としての道を進みました。

その後、金谷先生がオーラルフィジシャン育成セミナーを受講されたきっかけや動機についてお聞かせください。

その後、矯正歯科治療について学びながらもあるべき歯科医療、自分がやりたい歯科医療の模索は続きました。その最中、目についたのがクインテッセンスに掲載されていた熊谷崇先生によるオーラルフィジシャンへの提言という記事でした。その内容に大変感銘を受け、早速育成セミナーを受講するに至りました。

根拠のある医療を提供し、予防の重要性を理解していただく

予防歯科の実践について

貴院が予防歯科を実践する上で軸にしているMTM(メディカルトリートメントモデル)と一般的な予防歯科との違いについて教えてください。

MTMといわゆる一般予防歯科との違いは、個別化されたリスクに基づく根拠ある予防医療か、その場限りの単なるクリーニングかの違いと考えます。(呼ぼう歯科!)
リスクに基づく日々の患者さん自らの予防行為と医院で行う発症前のメインテナンス・治療というのが一番重要で、MTMはそこまでに至るプロセス全体のシステム化された治療プログラムだと認識しております。

8028を達成するためには、子どもの頃からの予防が非常に重要です。貴院ではどのような流れで小児予防・矯正を実践されていますか?

小児期からの予防の重要性を親御さんに理解していただくために、なるべく家族単位での来院をお勧めしております。しかし中々難しいのが現実です。身体の一臓器としての口腔の重要性について、子どもたちの口腔を通じて修復治療の悲惨さを理解してもらえるように努めています。

全身疾患のある患者さんの対応について

歯周病と全身疾患は大きく関わっていますが、そのような疾患をお持ちの患者さんの治療の流れについて教えてください。

成人の場合は口腔を診る前に必ず全身状態を把握する事から始めます。健康診断を受けている方は何年か前の情報から見せて頂いてその変化も把握するように心掛けています。また、検診を受けていない方は院内で血糖値や血圧測定などのスクリーニング検査をして、必要があれば内科に紹介するシステムにしております。そして、全身と口腔健康についてわかる範囲で説明するようにしています。

様々な媒体を駆使した教育で、患者さんを正しく導く

地域のホームドクターとしての取り組みについて

商業施設など利便性の高い立地の診療所は、一般的には主訴対応を望まれる患者さんが多いと思いますが、そのような立地で予防型診療所を展開する苦労について教えてください。

実はセミナー受講とほぼ同時進行で開業準備も進めており、代診の時に知り合ったコンサルタントからの物件紹介がきっかけでした。
医療モールや商業施設の中は集患に最適と判断したのが、ここにする決め手でした。
商業施設での開業は、買い物ついでに治療も!という受診動機が軽い方が多いため、MTMのシステムに導くのに苦労が絶えません。そんな中でも理解を示してくれるコアな患者さんを裏切る事なく、診療哲学を貫く事が大切だと考えています。

貴院は、取り立てて住民の経済力や健康感が高い地域にある訳ではないと伺っております。患者さんが予防歯科の重要性を理解して継続的にメインテナンスに通ってもらうため、貴院が地域のホームドクターとして行っている取り組みについて教えてください。

地域的には二本の一級河川に挟まれ、また千葉、埼玉、東京との都県境という事でビジネスの発展には好ましい条件下ではありません。故にデンタルIQのレベルや平均所得も決して高くはありません。そんな中、患者さんを正しく導くためには教育するしかありません。いろいろな媒体を駆使してそして常に教育し続けるしかないと考えています。

理念を共有し、助け合い、患者さんとの繋がりを深める

スタッフの採用・教育・マネジメントについて

歯科衛生士不足がどの医院にとっても悩みの種ですが、貴院の歯科衛生士募集、採用に関する工夫について教えてください。また、予防歯科の実践にチームワークや目的意識の共有は必須ですが、教育・マネジメント面で大切にしていることを教えてください。

先にも述べましたが、東京から程近い割には地域的に不便なため、歯科衛生士のリクルートにはかなり苦労しております。就職フェスや様々な募集もしておりますが、やっとの想いで就職に至っても、現実の仕事量や勉強量の多さのギャップを乗り越えられない方も多くいます。そんな中でも頑張ってくれるスタッフには感謝しております。
チーム作りに際して大切にしている事は理念の共有です。何故働くのか、何の目的に働くのかを明確に統一する事を大切にしております。これが採用時のミスマッチを防ぐ事にも繋がると思います。

診療データの情報提供について

貴院は、担当の歯科衛生士さんが独自のマニュアルを作成し、院内研修を実施するなど積極的にクラウドサービスを活用されています。診療情報を医院と患者さんが共有することに対する患者さんの反応、スタッフの労力、その効果などを教えてください。

クラウドの資料作りはかなりの労力が必要で、診療の合間に作るのは厳しいのが現実です。
よって私たちは1人の診療時間を伸ばす試みをはじめました。また、基本的に歯科衛生士の業務にはなりますが、登録や作成の一部を受付や助手が手伝う事もあります。アップデートした際は後日患者さんに感想を聞いたりしてコミュニケーションするように心掛けています。こうする事で患者さんとの繋がりがより強化される感覚をお互いに実感しております。歯科衛生士のやりがいにも繋がると思います。

今後の展望・展開について

今後の展望・展開についてお聞かせください。

今後は、より丁寧かつ質の高い医療を提供できるように努力して参りたいと思います。特別な何かというよりかは、医院にとっての当たり前のレベルをより上げたいです。そしていつかは、移転開業で日吉歯科のような設備のクリニックを開業します!

金谷先生による自己評価(5点満点)