なぜクラウドシステムか

まずはこちらをご覧ください

こちらの動画は、2017年2月12日開催のクラウド操作説明会にて東京都西東京市アップルデンタルセンターの畑慎太郎先生にご講演いただいたものです。

富士通歯科クラウドサービスについて

当サービスは富士通株式会社と熊谷崇先生(日吉歯科診療所)が共同で開発を行いました。

口腔内の状況をデータ化し、歯科医院と患者がインターネットを介して、安全にデータを共有することで患者の意識や理解度、定期メンテナンス率を高めるだけではなく、院内での資料フォーマットの標準化を可能にするシステムです。

「患者とのデータ共有」という医科でも今まで成し得なかった難問を、熊谷崇先生(日吉歯科診療所)が実践する「歯の健康ファイル」をデータ化するという視点で誕生した当サービスは、次世代の口腔内管理のスタンダードとなり得ます。

富士通株式会社が保有する堅牢性・高可用・セキュリティに富んだ国内最高峰のデータセンターを介するため、セキュリティ強度が高く、安心して診療所から患者に口腔情報をご提供いただけます。

富士通歯科クラウドサービスで共有する信頼と治療データ

セキュリティは万全 「情報提供同意書」を取り交わし信頼関係を構築

個人情報をクラウド上で管理することに抵抗のある方もいらっしゃるかと思いますので、予め意思の確認を行います。(同意書のサンプルはご契約後にクラウド会員サイトからDLいただけます。)

厚生労働省のガイドラインに準拠しているVPN(Virtual Private Network)という富士通(株)が提供するセキュリティに優れた専用の回線を使用しておりますので、安心してご利用いただけます。(患者説明用資料のサンプルはご契約後にクラウド会員サイトからDLいただけます。)

チェアサイドで患者と歯科医師、歯科衛生士の「共通言語」に

治療ごとの口腔内のデータを患者が「保有」して好きな時に活用できるので、治療の内容やホームケアの大切さへの理解や意識が飛躍的に高まります。セカンドオピニオンにも活用できることから患者側のメリットばかりが目立ちますが、患者への説明資料のデジタル化、クラウド共有化はデータそのものが「共通言語化」するので定期メインテナンスの離脱やクレーム、誤解をあらかじめ防止するなど歯科医院側にとっても大きなメリットがあります。

治療の目的もデータとともに患者と共有され、定期メンテナンスの効果をさらに向上させることでしょう。

治療データはスタッフが院内からアップロード

アップロードするデータは、日吉歯科診療所モデル(ご利用医院へ配布しております)のデータを元に医院のオリジナル資料を作成していただき、スタッフが管理画面からアップロードを完了することができます。アップロード完了後にはすぐに患者メールアドレス宛にデータ閲覧URL付きのがメールが自動送信されます。

患者のスマホでいつでも治療データを把握し、次の定期メンテナンスへ

患者は自分のスマートフォンやPCなどで診療情報を24時間いつでも、どこでも簡単に確認することができます。

2018年度のリノベーション予定

1)患者側に入力させるステップ(項目)の簡略化対応
すでにクラウドシステムをご利用の皆様からご要望がございました患者登録操作の簡略化についてのアップデートです。医院様側で、患者情報を入力・反映させ、患者同意時の入力項目を削減する仕組みの提供を予定しています。
2)ポータル機能の利用者一覧画面で、登録依頼中の画面に検索機能を付加
すでにクラウドシステムをご利用の皆様からご要望がございました患者登録手続き中の患者情報検索機能を追加することで、手続き状況の確認が容易に行えるようにします。
3)利用者登録画面でパスワードを設定する際、その画面に「※英数字8文字以上」と表示
患者登録時に患者パスワードの文字数説明が無いため、パスワード設定で8文字未満の入力を行い設定エラーとなるケースがあり、操作ミス防止を目的とした対応です。
4)アップローダアプリ)管理者ログインから患者ファイル内を閲覧する際に、患者検索機能追加
すでにクラウドシステムをご利用の皆様からご要望がございましたアップロード画面で、患者数が複数ページに渡る場合、ページを開かないと該当する患者画面にたどり着けない状況を改善します。

患者説明資料例(日吉歯科様サンプル)

診療情報を共有することで評価できること

  • 歯科医師の治療のクオリティ
  • 歯科衛生士の初期治療・メインテナンスのクオリティ
  • 患者のホームケアのクオリティ

メリット

  • 競合医院との差別化を図れる
  • 情報を提供することによって診療所の質を高めることができる
  • 治療やメインテナンスの経過が確認できるため、患者の歯科リテラシーやモチベーションを高められる
  • データを可視化することで、治療後の患者満足度を高められる
  • 小児患者の場合、母親が子どもの口の中の情報を確認できるため安心感が得られやすい
  • 画像を拡大できるので、紙媒体よりも鮮明に細部の確認が可能
  • 診療所と患者で同一データを共有できる
  • 時間や場所にとらわれず、どの端末からでも患者は情報を閲覧できる
  • VPN接続でデータをアップロードするため、患者情報流出の可能性が低い
  • デジタルデータのため劣化の恐れがない

導入までの流れ

  1. クラウドサービス説明会にご参加いただく(説明会開催情報は当サイトにてお知らせいたします)
  2. 仮申込書をご提出いただく
  3. 契約書をご提出いただく
  4. サービスインまでの間に院内で設定を行い、テストを行う
  5. サービスイン・運用開始

※富士通(株)での設定の関係上、個別ではなく申込期間内において団体でのご契約となっております。尚、建屋単位での契約が必要です。

使用料

一般歯科医院

初期費用450,000円(税抜)

  • データセンター利用登録
  • 利用領域割り当て(5GB)
  • その他、諸経費 月額費用35,000円(税抜)

データセンター利用料
(センター利用料・領域5GB利用料など)

オーラルフィジシャンセミナー修了医院

初期費用350,000円(税抜)

  • データセンター利用登録
  • 利用領域割り当て(5GB)
  • その他、諸経費 月額費用33,000円(税抜)

データセンター利用料
(センター利用料・領域5GB利用料など)

ブラッシングを可視化してクラウドで共有する「G.U.M PLAYとの連動情報共有」

「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」とはサンスター株式会社が開発、発売をしているハブラシの動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、歯みがきの時間を楽しみにかえる新発想のデジタルデバイスです。

日々のブラッシングの状況をクラウドシステムの中に自動的に格納することで、担当歯科衛生士は治療データと共にホームケアの状況も把握共有することが可能です。G・U・M PLAY(ガム プレイ)の利用は必須ではありません。

動作仕様

クラウドサービスご利用の動作条件

診療所ご利用端末(パソコン)※Macは対象外

  • Windows 7 Internet Explorer 11
  • Windows 8.1 Internet Explorer 11
  • Windows 10 Edge

診療所ネットワーク

インターネット回線が必要となります。

※CATVは対象外

患者ビューア(パソコン・スマートフォン)

  • Windows 7 Internet Explorer 11
  • Windows 8.1 Internet Explorer 11
  • Windows 10 Internet Explorer 11、Edge
  • Android 6.0 Chrome 54
  • iOS 10 Safari 8

患者に提供する資料データのアップロード、閲覧可能なファイル

  • pdf
  • csv
  • txt
  • doc(Word)
  • xls/xlsx(Excel)
  • ppt/pptx(Powerpoint)
  • zip
  • jpg
  • gif
  • png
  • bmp