患者への「診療情報」の媒体(クラウドサービスなど)や説明その患者理解

初診時に口腔内写真・レントゲンを撮影し現在の口腔内の状態を一緒に確認していきます。Over view・デンタルフラッシュを用いてむし歯・歯周病の病因論や口腔内の状態を説明していきます。カリオグラム・OHI-Sを用いて今のリスクとこれからについて一緒に考えていきます。
検査結果は健康ノートかクラウドサービスでお渡ししています。

歯科衛生士として成長したと思う時

患者教育をして行動変容が起こった時や口腔内が変化して患者さん自身も変化に気付いてくれた時は嬉しくなります。説明したことが伝わったんだと実感しもっと色々な知識をつけて情報を提供していきたいと思います。

歯科衛生士になった理由

高校生の時に矯正治療をしていて歯科衛生士という職業を知りました。歯の大切さを知り歯科の仕事に興味を持ちました。

歯科衛生士を生涯続けますか

はい。やりがいを感じる職業なので生涯を通して知識と技術を更新していきたいです。

現在所属の医院を選んだ理由

予防に興味があったのと、成長できる環境だと思ったからです。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

笑顔で接すること。患者さんの話をよく聴くこと。一方的に話をするのではなく患者さんにも一緒に考えてもらえるよう工夫して話すようにしています。

使用しているキュレット

ヒューフレディ

好きなケアグッズ

フロアフロス

行ってよかったセミナー

  • オーラルフィジシャン チームミーティング
  • PHIJ

修了セミナー・所属スタディーグループ

  • PHIJ