KEEP28について

永久歯が全部で何本かご存知ですか?

永久歯は親知らずを除き全部で28本あります。皆さんの歯は現在何本でしょうか?
「KEEP28」とは、歯が生えそろってから一生を終えるまで一本も歯を失わないこと、現在の年齢から歯を失うことなく生涯自分の歯で生活すること、このことを目的とした予防歯科の社会的な取り組みです。

Seminar

Recommendation

予防の大切さを毎号お伝えしている歯科専門月刊誌「nico」(ニコ)

熊谷崇先生に取材した特別企画
「お口の未来図を変える『ホンキ』の予防をはじめよう!」
(前・後編)を掲載

クインテッセンス出版:
患者さんと歯科医院をつなぐ治療説明用マガジン
「nico」 2019年8月号・9月号

予防の大切さを毎号お伝えしている歯科専門月刊誌「nico」(ニコ)。
2019年8月号と9月号では、熊谷崇先生に取材した特別企画「お口の未来図を変える『ホンキ』の予防をはじめよう!」(前・後編)を掲載しています。
痛くなってから歯科医院に行き、削って、詰めて、被せて。治療が終われば痛みは消え、保険で治療できればそれほど懐も痛まない。でもそのたびに、お口のなかには治療のあとが増えて……。こんな歯科との付き合いかたは、本当は患者さんも望んでいないはず。それでは、どうすれば予防でき、治療の繰り返しから抜け出せるのでしょうか?
前編では、日本に本格的な予防歯科を導入し、テレビで紹介されるや大反響を呼んだ日吉歯科診療所の活動を。そして後編では、財政を圧迫する医療費の抑制に向け、治療中心から予防中心の社会システムの構築を目指して国や地方、企業で始まっているさまざまな試みをご紹介。
「自分の未来と社会の未来のために、ぜひ歯についての価値観を見直してほしい」。――
日本の今後をも視野に入れた「本気の予防のお話」です。


西真紀子先生監修の本の紹介

西真紀子先生監修:
「歯みがきしてるのにむし歯になるのはナゼ?」
「あの人のお口がにおったのはナゼ?」

電車に乗っていた主人公の小学校5年生のサキちゃんは、隣に座った若い女性の口臭にビックリ!「原因はお口の病気らしい」と突きとめ、歯周病について調査をスタートしました。なぜ歯周病になるのか、どうすれば予防できるのかを、サキちゃんと一緒に、世界一やさしく楽しく学べます。続いて、その主人公が成長した姿で、ストーリーが展開するのは世界一新しいむし歯予防の本。
サキちゃんに恋心を寄せるソウタ君はむし歯ができやすく、銀歯がコンプレックス。同じクラスのモテ少年・健二は、歯磨きをあまりしていないのにむし歯ゼロ。“歯磨きしてるのにむし歯になるオレと、歯磨きしてないのに歯がキレイなアイツ”。皆さんもそのような不公平を感じたことがあるのでは?人それぞれに違うむし歯のリスクについて疑問を解決しましょう。今日でむし歯とサヨナラするために!

Information

NEWS

生活者向け

一般の方へ予防歯科情報をお伝えします。

2019-11-25
【支援企業の予防歯科への取り組み】サンスター株式会社様が、GoogleのAI技術を活用したハブラシ推奨Webサービス「ガム オーラルケア スマートコンシェルジュ」を2019年11月8日(金)より開始しました。
2019-09-18
【支援企業の予防歯科への取り組み】オーラルケア製品などを手掛けるサンスター株式会社様と、オフィスなどの洗面所・トイレの防臭・芳香剤レンタル事業などを手掛ける日本カルミック株式会社様は、オフィスで働く人をお口から健康に導き、企業の生産性向上をサポートすることを目指し、オフィスの洗面所でのオーラルケア習慣を提案する事業を共同で立上げます。
2019-09-03
【支援企業の予防歯科への取り組み】富士通株式会社様
「歯を失う2大原因のむし歯も歯周病も稀な病気です」と言い切る講師が、富士通健康支援室主催の社員向け健康セミナーに登壇。今回は日本の予防歯科をリードする歯科医師グループと市民・企業への予防歯科啓発を担っているヘルスケア事業本部と連携して開催されました。セミナータイトルは「令和時代の予防歯科」。大手IT企業の社員に向けて何を発信をするのか?非常に楽しみにセミナー当日を迎えました。予防歯科の最前線の話を参加者は自分事として捉えることができたのか?「令和時代の予防歯科」のタイトルの期待を裏切らない始動となったのです!
2019-08-05
【支援企業の予防歯科への取り組み】サンスター株式会社様が今注目の「家庭内フッ化物洗口」特設サイトを新設しました。指導のためのマニュアルや患者さん向けリーフレットも用意しています。是非ご覧ください。
2019-07-18
【支援企業の予防歯科への取り組み】サンスター株式会社様が「カラダがよろこぶ空気。」を提供する 「QAIS -air- 01」 を9月に発売開始いたします。

【バックナンバー】


簡単にできるのに意外と知らなかったことや、知っておくと役に立つお口の健康のためのちょっとしたアドバイスなど。

歯周病やむし歯への理解とその予防方法、お口と全身の関係など口腔ケアから全身の調和を目指す情報サイト。

歯科医療者向け

医療者の方へ予防歯科とセミナー情報をお伝えします。

【バックナンバー】


掲載をご希望の方へ歯科医院掲載基準

本サイトに掲載をご希望の歯科医院様はこちらの掲載基準を満たしているかをお確かめの上ご連絡ください。

富士通歯科クラウドサービスの導入をご検討の方へ

口腔内の状況をデータ化し、歯科医院と患者がインターネットを介して、安全にデータを共有することができます。

支援企業の予防歯科への取り組み

「KEEP28」のコンセプトに賛同くださり、本サイト運営を支援していただいている企業・団体の予防歯科への取り組み、予防歯科関連機材をご紹介いたします。

Interview

歯科医師インタビュー

予防歯科に取り組む歯科医師の「考え」「目的」をお伝えします。歯科医師のビジョンの中に歯科医院の品質の高さがあります。

歯科衛生士インタビュー

予防型歯科医院を支える歯科衛生士の「思い」「価値」をお伝えします。歯科衛生士の存在が歯科医院の品質を表しています。

Media

メディア紹介

全国の歯科医院が大きな影響を受けた日吉歯科診療所(山形県酒田市)熊谷崇院長の長年に渡る予防歯科の取り組みと成果がテレビ東京「カンブリア宮殿」とNHK「プロフェッショナル」で放送されました。コミュニケーション・ギアで紹介されている歯科医院は熊谷崇先生に薫陶を受け「歯とお口からの健康」を社会に広めています。

Sakataモデル

皆様に「メディカルトリートメントモデル」を経験していただきたい。

Sakataモデル

スウェーデンなど北欧の国々で培われた確実に歯を残す予防歯科の方法「メディカルトリートメントモデル」。このモデルをコミュニティ全体に普及させるために、山形県酒田市の日吉歯科診療所を中心に、「メディカルトリートメントモデル」に賛同する各地域の歯科医院、一般医療機関、教育機関、研究機関、企業などの連携が発展し、お口の健康から全身の健康を守る一種の社会システムとして機能しだしました。この連携は「Sakataモデル」と称され、厚生労働省の有識者懇談会「保健医療2035」座長を務める東京大学教授・渋谷健司先生は、日本の保健医療が、分野を越えて社会全体で少子高齢社会の課題を乗り越える形として評価しています。「メディカルトリートメントモデル」が社会システムまでに発展していこうとする過程を、NPO法人「最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会」の代表で歯科医師の西 真紀子先生に寄稿していただきました。