歯と口から健康ルネサンス

企業の利益追求と働く人の健康維持は、二律背反する傾向があります。企業経営者と労働者にとって、反目する関係をwin-winの関係に変える鍵の1つが「健康経営」です。

経済産業省も健康経営に力を入れている企業を「健康経営銘柄」として選出して、企業も健康管理責任者などを設け、福利厚生の一環として社員に対して健康助成金を取り入れる動きが広がりつつあります。歯科メインテナンス助成金制度もその1つとして、口腔の健康が全身の健康に影響するとされる中、企業経営者から大いに注目されています。

こういった話しをすると、「それは大企業の話し」とされがちですが、中小零細規模の企業ほど、だれか一人でも病気になると経営に影響がでたり、時には事業承継ができなくなったりするリスクを負っています。ですからこのような職場では、ことさら社員の体調に気遣い、元気で仕事ができる体制にすることが経営者の責任とされます。

このことは大規模企業も同様で、企業は規模の大小にかかわらず、従業員一人ひとりの生活と人生を考え、元気に働き続けられるように取り組むことが必要です。

当サイトでは、福利厚生の健康助成金の中でも先進的な「歯科メインテナンス助成金制度」を取り入れている大規模企業から中小零細規模企業を紹介しています。

歯科メインテナンス助成金導入企業紹介