掲載基準

標準的な予防歯科医療を提供する医院の紹介

歯科に医療の視点を取り入れた治療とは、むし歯や歯周病になった原因や将来のリスクを調べ、そのリスクを極力取り除き、その上で治療計画に基づいて治療を行うことです。治療後は再発を防ぐためのメインテナンスの期間に入ることで、歯の喪失を遅らせることができます。

標準的な予防歯科医療の流れ

掲載基準項目

患者さんごとに担当歯科衛生士がいる。 詳しくはこちら
患者さんが周囲を気にせず歯科医師、歯科衛生士と情報交換できる、清潔な診療空間(個室など)がある。 詳しくはこちら
患者さんが自分のお口の中の状況を把握することや、適切な診査、診断のための規格性のある資料(写真、レントゲン写真)の採取ができる。 詳しくはこちら
患者さんのむし歯や歯周病のリスクの評価ができる。 詳しくはこちら
患者さんに対して個別の情報及び、それに関する資料の提供ができる。 詳しくはこちら
法に則り、医療及び予防メインテナンスを提供している。 詳しくはこちら

予防型歯科医院に通う患者さんへ

本サイトで紹介しています歯科医院は原則として、初診時・治療終了時・メインテナンス時に、規格性のある資料(写真12枚法・デンタル全顎・リスクアセスメント結果)を配布しています。万が一このような資料をいただいていない患者さんは、受診医院へ相談するか、本サイト管理者へ下記ボタンからお問い合わせください。

予防型歯科医院検索

理想の予防型歯科医院を探そう!

本サイト掲載基準を満たしている予防型歯科医院が下地図の八地方区分をクリックすると表示されます。

理想の予防型歯科医院を探そう! 北海道地方 東北地方 関東地方 中部地方 近畿地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方