それぞれの患者さんにとって何が1番重要なのかをお伝えできるよう、一人一人に合わせた説明を心がけています。

患者さんへの「診療情報」の媒体や説明とその患者理解

初診時には口腔内写真を撮影し、デンタルX線写真やカリオグラム・OHI-S、歯周組織検査などの結果をもとに、現在のリスクと今後について患者さんと一緒に考えていきます。
それぞれの患者さん一人一人に合わせた説明、また、この患者さんにとって、1番重要なことは何かをお伝えできるように心がけています。

歯科衛生士として成長したと思うとき

まだまだ学ばなければならないことが多く、失敗や改善することばかりです。
様々な年代の患者さんと接することで、勉強になることも多くあります。一つ一つを丁寧にこなし、もっとレベルアップしていきたいです。

歯科衛生士になった理由

高校3年生で進路に悩み焦っていた頃、たまたま学校に貼ってあった歯科医療専門学校のポスターが目に留まり、受験したのがきっかけです。手に職をつけたいなとも思っていたので、受験してみよう。と思いました。3年間学校で学ばせてもらい、両親にはとても感謝しています。

出身校での学び

毎日座学と実習、レポートの日々でした。私は正直成績も悪く、臨床実習でも失敗エピソードばかりだったのが蘇ります。
私が最後まで頑張れたのは、両親や先生方、同じ目標に向かって頑張るクラスのみんなのおかげです。

「KEEP28」を目標に、患者さんが生涯自分の歯で過ごせるよう、一緒に頑張っていきたいです。

患者さんとのコミュニケーションで心がけていること

笑顔・ハキハキと話す・患者さんが伝えたいことを理解することです。
年代、性格も様々ですので、そういった意味で患者さん一人一人に合わせた対応、話し方を意識することで、自然に相手も心地よく感じていただけるかな、と思っています。

今後の目標

1人でも多くの方に予防の重要性を知っていただき、「KEEP28」の通り、一生を終えるまで一本も歯を失わないこと、生涯自分の歯で生活することを目標に、私も患者さんと一緒に頑張っていきたいです。
また、社会人になり3年が過ぎましたが、正直今は目の前の仕事を日々こなすことで精一杯です。これからはもっと周りを見ながら、仕事だけでなく、人として成長することが目標です。

好きなケアグッズ

  • タフト24(オーラルケア)
  • フロアフロスstart up(オーラルケア)

行って良かったセミナー

  • オーラルフィジシャンセミナー
  • ハンズオンセミナー