透明性のある情報提供で患者さんに安心していただきたい

貴院は2005年10月に現在地で開業した当初より予防歯科をベースにした臨床を展開してきました。開業から16年経ち地域住民の方の歯科全般に対する意識の変化、予防歯科の浸透度は深まってきたのか、その2点について教えてください。

予防歯科を希望される方が増えてきましたので地道に取り組んできた甲斐がありました。ただ一方で高齢者が多い地区のため、コロナの関係上まずは自身の健康を守ることが第一となり、歯科を後回しにされる方が一定数いらっしゃるのも事実です。この地域ではまだまだ「歯科と全身の健康」が認知されていないということに気付かされましたので、今まで以上に啓蒙活動に力を入れたいと思います。現在も歯科は安全に受診できますし「コロナから身を守るうえでも歯科は大切なんですよ。」と発信していきたいです。

一貴院が季刊で発行している地域住民向け歯科新聞「カバっこ新聞」を、当初発行した思い、その効果、その苦労などを教えてください。

カバっこ新聞を発行した当初は私一人で作業を行っていたのですが、次第にスタッフも手伝ってくれるようになりました。患者さんからも好評でして、お褒めの言葉をいただくとスタッフもよりやる気になり現在まで好循環で発行できています。ただスタッフの入れ替わりもあり関わる人数が少なくなってきてしまいましたので、もっとスタッフを巻き込んでいかなければと思っています。

透明性のある情報提供で患者さんに安心していただきたい

「人生100年時代」の支え手として地域住民の方と生涯お付き合いをしていく一環として訪問診療を実施しています。多くの医院で訪問先の営業活動が活発な中、貴院は特別な広報活動をしていないように見受けられますが、どのようにして訪問先を広めているのでしょうか。

特別に営業活動はしておりませんが極力ケアマネージャーさんと勉強会を行うようにしています。そのためケアマネさんを通して広がっているのだと思います。一方で患者さんから「訪問もやっているんですか?」と聞かれることもあるのですが、実際に呼んでいただくことは稀です。先程も申し上げましたが予防歯科というものは一生続くものだとお伝えしきれていないのが当院の課題です。

従業員の働き方や労務管理意識が希薄な歯科診療所の中にあって、貴院は企業・団体基準の「健康経営」に取り組まれ、[横浜健康経営2019]の認証を取得しています。この活動を始めた動機、意義、従業員の変化などを教えてください。

やはり働き方改革を見据えた時に自分自身の人生も100年になるわけです。その中で100歳の患者さんを診ていくとなると、私以外の人に権限を委譲していく必要があります。それ考えますと働きやすい環境づくりに徹底的に取り組まなければならないと思ったことが 取得のきっかけです。まだまだ「健康経営」が一般的に浸透していないのか、[横浜健康経営2019]の認証を取得しているからといって、当院で働きたいと言う人には残念ながらまだあったことはありません。一方で患者さんからは「そこまでちゃんとやってるんですね。」と評価いただいております。またスタッフからも「働きやすい」と言ってもらえているのでやりがいを感じています。

透明性のある情報提供で患者さんに安心していただきたい

貴院は富士通が提供するクラウドサービスを通じて、口内情報を患者と共有していますが、口内情報を提供する効果、その難しさ、スタッフの負荷などを教えてください。

未回答

コロナの感染拡大が続く中、貴院では「電話診察」を開始しましたが、実際に患者さんの反響やどのような効果がございましたか。

未回答

貴院は最寄り駅「金沢文庫」から徒歩で20分程度の距離に位置しますが、スタッフ集め、雇用で工夫されていること、苦労などがありましたら教えてください。

先述の「健康経営」が工夫の一端だったのですが、求人募集の際に伝わっていなかったのが本当に残念です。それよりも面接時に良く聞かれるのが、保険にちゃんと入れてくれるのか?自身の身を守ってくれるのか?等の本人に直接還元される項目に限られてしまいます。その辺の価値観を共有できないことに採用時の苦労を感じております。

透明性のある情報提供で患者さんに安心していただきたい

貴院は地域の中核を担う歯科医院として、開業以来16年にわたり○名を超える地域住民の口内を守り続けてきました。継続的に通っていただくこともそうですが、患者教育を行動変容に繋げるための取り組みについて教えてください。

未回答

予防歯科をさらに社会に普及させるためには、どのような取り組みが必要になるか、アイディアやご意見がございましたらお聞かせください。

未回答

五條先生が描く今後の目標・展望について教えてください。

まずは当院を継ぐ次の世代をつくらなければいけないと思っております。そのために人材の発掘・育成に注力し、0歳~100歳まで診ていけるようなインフラを構築したいです。その基盤の上に初めて予防歯科が備わってくると思うので、当面は受皿をつくることが目標となります。近々近隣に地域FMができるため、それも活用し別の角度からも情報発信をしていきたいと思っています。

先生による自己評価(5点満点)