富士通デザインセンターWEBサイトにおいて、歯科クラウドサービスの記事が紹介されました。

予防歯科が当たり前となる社会を目指して

「富士通歯科クラウドサービス」は予防のために歯科医院に通い、予防意識を生涯に亘り継続させるための重要な仕組みです。
本サービスは今後も歯科医院と企業とが連携することで、予防歯科の浸透と生涯自分の歯で食せる健康長寿社会の実現を目指しています。
また、当社健康推進本部、健康保険組合とも連携し、社員へ予防歯科の啓蒙と、その社内実践モデルを社会に発信することで、歯科医療への関わり方とその重要性を変革させます。

歯科クラウドサービスにおいては、以前より富士通デザイン部門と連携してプロジェクトを推進して参りました。
予防歯科の取組への共感、意義を理解をいただき、本プロジェクトメンバーとして連携しております。

◆デザインセンター公開サイト
https://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/activities/dentalcloud/index.html

今年度においては、UXの観点における検討や、サービスのエンハンスを行った「診察結果報告書」において、デザイン部門と連携の上、運用面、デザイン設計を一体となって進めております。

◆FACE site
https://facesite.jp/work/1341/

◆歯の健康ファイルクラウドテンプレートの配布
https://keep28-cloud.com/contents3/