第2話 藤沢歯科ペリオ・インプラントセンター(神奈川県藤沢市)

訪問日:2021/7/29(木)

 今回、第2弾の当方見聞録の取材記として、神奈川県藤沢市にある「藤沢歯科ペリオ・インプラントセンター(以下、藤沢歯科)」を訪問しました。

 その理由は、他ならぬ雨宮啓院長(以下、院長)による専門医、歯科衛生士の育成に向けた情熱を感じたからだ。予防歯科に対する患者教育の入口とも言える「歯科衛生士」の質向上、活躍の場の拡大に向けて取り組まれている医院であり、なんと、「認定歯科衛生士」が多数在籍。

 取材してみると、物腰が柔らかく、優しい笑顔が印象的な院長であったが、「とにかく患者や歯科衛生士への思いが非常に強い」魅力的な院長であった。

 コロナ禍がスタッフ間の関わりをより強く変えたそうだ、その内容を紹介したい。


歯科衛生士・スタッフを大切に、ONE TEAMで予防歯科を広めていきたい!

<第一部> 歯科医師 雨宮啓 院長へのインタビュー

専門歯科医師と歯科衛生士の両輪がしっかり回らないと予防歯科は成り立たない!

 藤沢駅から徒歩1分のビルにある「藤沢歯科」。 院長は、大学院で歯科麻酔学の博士号を取得後、インプラントを専門とするクリニックで研鑽を積み、日本歯周病学会歯周病専門医の資格を持つ。歯周病治療やインプラント治療、歯科麻酔を軸に専門性の高い診療を実践する医院。特に歯周病の治療、その診療を進める上で、“「患者に共感いただけるチーム」である事が一番重要だ“と院長は熱く語る。

 更に「予防歯科を本気で成り立たせるには、歯科医師と歯科衛生士の両輪がしっかり回らないとダメだ、メンテナンスを衛生士に投げてしまっては治る歯周病も治らない。」、「良い治療をしていても、患者教育を怠り、メンテナンスしていなければ治療を繰り返すことになり、予防歯科においては患者に寄り添う歯科衛生士の存在がとても大きい」と教えてくれた。院長が歯科衛生士をリスペクトしONE TEAMで取り組んでいるからこそ、予防歯科が成り立つと改めて感じた。

 コロナ禍を通じて、価値観の変化(対面の対応をしたくないスタッフもいた)から、正直医院を去る人もいたようだが、スタッフとの関わり方はより強くなったそう。「藤沢歯科として覚悟が決まった。本当に院内のスタッフとの結束が強くなった」と熱く語ってくれたことが印象深い。

歯科衛生士・スタッフを大切に、ONE TEAMで予防歯科を広めていきたい!

専門医と認定歯科衛生士による予防歯科の取り組み
~歯科衛生士は、日本歯周病学会 、日本臨床歯周病学会に在籍し研鑽を積んでいる!~

 院長は白鳥歯科インプラントセンターにて6年程勤務し、白鳥清人院長より師事を受けた。白鳥院長のことを「まさに生涯におけるメンターです。」と恩師のことを語りはじめた。

 院長自身が歯科医として育てていただいた経緯がある為、藤沢歯科に在籍する歯科衛生士に対して、「私が経験したことを次の世代にしっかり継承していきたい。もっと歯科衛生士が成長する場所にしたい」という思いを持って取り組んでいるとのこと。

 開業後2、3年した時に来院した患者さんを診療し、メンテナンスを衛生士に任せてしまい、治療介入しないと治る歯周病も治らなかったということがあった。根底で歯科医師と歯科衛生士の技術、ノウハウがないと予防歯科は成り立たないことを認識し、「専門医による診査・診断・歯科治療、患者へのメンテナンスを歯科衛生士と一緒にやっていきたいという思いが芽生えた。」と熱弁。これこそが認定歯科衛生士を導入している藤沢歯科の取り組みである。

藤沢歯科としての育成プログラム、サポート体制

 当院の歯科衛生士が認定歯科衛生士の資格を取得できるように、先ずは学会に歯科衛生士と一緒に参加することから始めた。藤沢歯科では、認定歯科衛生士になるために3年間はサポートすると決めていると語る。通常業務と平行して資格取得をする訳であり、正直、厳しいし苦労もたくさんあるようだ。同じ志をもっているからこそ、資格取得するために専門医と歯科衛生士がフォローしあってONE TEAMで資格取得に向けサポートとしている。

 また歯科衛生士が三島にある学校法人鈴木学園にて、毎年4、5月に歯科衛生学科の授業を講師として引き受けている。その理由としては、学会に参加して歯科衛生士が得たインプットを、講師として授業することでアウトプットできる機会を提供すると共に、今後の歯科衛生士の研鑽に繋がっていくと考えているそう。こうした認定資格取得に向けた取り組みによって、歯科衛生士が高い技術・スキルを習得し、成長に繋がっている。

第二部もご期待ください。

2021年11月
マルコ・ポロリン Jr



いいね (6 投票)
読み込み中...