神奈川県横浜市 横浜歯科クリニック

医院紹介

横浜歯科クリニック

住所 〒247-0033
神奈川県横浜市栄区桂台南1-18-2
TEL 045-892-8318
URL http://www.yokohamadc.com/
スタッフ人数 歯科医師:3名、歯科衛生士:5名、歯科助手・受付:3名、歯科技工士:名、
設備

ユニット5台、口腔外バキューム、デンタルフラッシュ、アクションゲート

診療時間

月~土
9:30~13:30 / 15:00~19:30
日曜・祝日
休診日

医院の取り組み

福利厚生メインテナンスは自費でおこなっているか。
はい
クラウドを利用して電子媒体で診療情報を提供しているか。
はい

院長紹介

石川 洋史 先生

当院は2007年1月に開業いたしました。開業当初より多くの患者さんに来院していただき、そのころから予防歯科を実践してきた「つもり」でした。それは、患者さんにブラッシングするよう指示し、定期クリーニングを行うだけの単なる定期管理でした。約束通り定期クリーニングに来院されているにもかかわらず、来院するたびに虫歯が増え、歯周病が進行する患者さんの口の中を診るたびに、どうしたら虫歯や歯周病の発症を防げるのか、疑問に思う日々が続きます。又、人間が歯を失い、入れ歯に移行することにより口腔機能が低下していくと、人体の機能も低下し、認知症や介護の必要性が発生する現実に直面したものです。そこで、北欧型予防を本格的に導入するため日吉歯科診療所の熊谷崇先生の指導により、本格的な予防歯科へと診療室のスタイルをシフトさせてきたのです。

何故、北欧型なのでしょうか?スウェーデンでは1974年に国家予算の2/3を使い、歯科医療を予防にシフトさせました。その結果1999年には、義歯が必要な人はほとんどいなくなり、80歳で25本の歯を残すことに成功しています。そして、老人ホームの必要性もなくなり「寝たきり」という言葉が存在しなくなったのです。
日本では、寝たきりの老人1人に年間590万円かかると言われています。日本人の平均寿命である86歳まで寝たきりの状態が続くとしたら・・・これから先更なる長寿国となる日本に対し、お口の中の健康を保ち、生涯28本の歯を保ち続けることができたとしたら、自立した生活を送れる人々が多くなり、その結果、日本の医療費の削減につながることにもなるでしょう。予防歯科とは言葉にすると簡単ですが、その言葉の深さを患者さんにお伝えすることができたら、そして、皆様の口腔内の生涯に渡り健康に保つことができたら、1人の歯科医師として幸せに思います。

設備紹介

受付・待合室

治療室・メインテナンス室

滅菌スペース